中用量ピル「ジェニー」通販(個人輸入代行)

今見ているページ > 中用量ピル「ジェニー」通販(個人輸入代行)のトップページ

中用量ピル「オブラルG」(OvralG)

[プラノバールジェネリック]オブラルG(OvralG)は、ノルゲストレル・エチニルエストラジオールを含む中用量ピルで、プラノバールのジェネリック薬です。

女性ホルモンの卵胞ホルモンと黄体ホルモンの配合剤で、女性ホルモンの低下やホルモンバランスが崩れておこる生理不順、無月経などの時に、生理のリズムを取り戻したり、月経以外の出血を抑えたりします。

中用量ピル「ジェニー(JENY)」とは

ジェニー(JENY)は、本来、月経困難症などのために使われる中用量ピルです。

日本では低用量ピルが認可されるまで、避妊薬がわりに使用されてきた経緯があります。

日本名は、ドオルトン、プラノバールとなっています。

ジェニーは、女性ホルモンの不足やバランスの崩れで起こる症状を改善するという用途の他に、生理日の変更や避妊用としても使用されています。

一相性ピルなので、1周期(21日間)服用する錠剤のホルモン含有量が一定なので、服用法は非常に簡単で、錠剤の順番を間違えて、飲み違えるなどの心配はありません。

ジェニーは、毎日飲む習慣をつけるための飲み忘れ防止プラセボ(偽薬)が7錠付いた28錠の中用量ピルです。

純粋に避妊するためだけなら、エストロゲンの量が少ない低用量ピルのほうがいいかと思いますが、中用量ピルは生理日の変更をする場合などに便利です。

ただ、中用量ピルは、低用量ピルに比べると、太りやすいとされています。

ジェニーの成分

中用量ピル「ジェニー(JENY)」の成分は、Norgestrel(ノルゲストレル) 0.5mg、Ethinylestradiol(エチニルエストラジオール) 0.05mgとなっています。

低用量ピルであるマーベロン28の成分が、Ethinylestradiol(エチニルエストラジオール) 0.03mg、Desogestrel(デソゲストレル) 0.15mgということなので、エチニルエストラジオールの量が0.05mgと0.03mgの違いということになります。

ちなみに、低用量ピルより更にエストロゲンの量が少ない超低用量ピルであるマーシロン28の場合だと、成分がEthinylestradiol(エチニルエストラジオール) 0.02mg、Desogestrel(デソゲストレル) 0.15mgというように、エチニルエストラジオールの量が更に少なくなって0.02mgとなっています。

その他、最もポピュラーな低用量ピルであるトリキュラーEDの場合は、段階型三相性の低用量ピルなので、茶色の錠剤(6錠):Levonorgestrel(レボノルゲストレル) 0.05mg,Ethinylestradiol(エチニルエストラジオール) 0.03mg、白色の錠剤(5錠):Levonorgestrel 0.075mg, Ethinylestradiol 0.04mg、黄色の錠剤(10錠):Levonorgestrel 0.125mg,Ethinylestradiol 0.03mgというように、エチニルエストラジオールの量が錠剤によって異なります。

ジェニーの値段

※ジェニーは取扱終了となっていますので、中用量ピルが必要なら、[プラノバールジェネリック]オブラルG(OvralG)をお試しください。

個人輸入代行を行っているオオサカ堂でのジェニーの値段は以下の通りです。

1シート28錠 10.50ドル

3シート 20.50ドル

12シート 50.50ドル

(※価格は2014年10月10日時点のものです。価格は変動します)

12シートで購入すると、かなり安いので、まとめ買いがお得です。

中用量ピルは産婦人科やレディースクリニックでも処方してもらうことができますが、1シート2800円〜3000円ぐらいはしますので、個人輸入代行の通販で購入したほうが遥かに安いです。

というか、圧倒的に価格が違うので、格安というより、激安といってもいいですね。

その他の経口避妊薬

中用量ピル以外の経口避妊薬には、低用量ピルやアフターピル、そして、超低用量ピルなどがあります。

以下は各経口避妊薬の人気ランキングです。

低用量ピル人気ランキング

アフターピルのランキング

超低用量ピル人気ランキング